若々しく輝く肌へ

適切なシミの治療で肌のトーンをアップさせる|気になるくすみと決別

種類に合わせた対策

鏡を見る女性

シミは老人性色素斑や肝斑など様々な種類があります。それに合わせて治療を選んでおく必要があり、いま気になるシミの特徴について詳しく把握しておくことが大切なポイントになるでしょう。

医師と相談をしながらケア

注射

人によって抱えるシミの種類は異なります。肌にあった治療が受けられるよう、状態について詳しく把握し、それにあった提案をしてくれる美容外科を見つけておくことが大切でしょう。

日頃の習慣に注意

医療器具

若々しい肌を保つには、肌のトーンを安定させておくことも大切なポイントであるといえます。しかし、紫外線が影響してシミが生成される場合もあり、年齢を重ねていくごとにこれらのリスクも高まってしまうでしょう。今では専用の治療が増え、気になるシミの改善が進めやすくなっています。レーザー治療をはじめ、外用薬や内服薬を用いたケアもあるので、原因や希望のケア方法に合わせて選べるでしょう。しかし、治療だけではシミと完全に決別することは難しいといわれています。肌への刺激を抑える、紫外線を浴びないようにするなど、日頃の習慣も見直すことによってシミの問題を解消できるしょう。また、日焼け止めクリームによって紫外線をブロックする方法がありますが、日焼け止めによっても肌との相性が決まります。日頃用いるスキンケア用品選びも慎重にしておきたいところです。

シミに関しては肌の代謝が落ちてしまうことも原因として挙げられます。食生活が不規則であったり、睡眠が不十分であったりするとそのような状態が見られるため、肌の代謝のことを考え見直しが重要になってきます。シミは加齢によって増えやすくなってしまうため、予防だけでは間に合わないでしょう。減らすことができるように、美容外科での治療も視野に入れておいた方が良いかもしれません。美容外科では主にレーザー治療を進めていきますが、レーザー機器にも色んな種類があるので、それぞれの特徴や効果的なシミの種類を踏まえて選んでおくことが肝心になります。また、アフターケアのために医院へ通う必要も出て来るため、通いやすい範囲にあるかどうかも一緒に確認しておいた方が良いでしょう。

美容外科で用いられているシミ治療は様々であり、シミの改善のみならず肌のトーンを上げることに繋げられるケアもあります。肌が明るくなることで、化粧ノリがよくなり、顔色が安定して見えるでしょう。また、レーザーの種類によっては肌を引き締めてくれるタイプもあるので、シミのみならず毛穴の広がりが気になるという人からも注目されている治療法となっています。また、肌の代謝促進を重視しているという場合は内服薬や外用薬を用いたケアを選ぶのも良いでしょう。トラネキサム酸やビタミンCが特に効果的といわれ、メラニン色素を含む古い角質を排出してくれます。継続的に肌に塗布したり、体内に取り入れたりすることでシミをなくし、肌のトーンを高めていくことができるでしょう。また、シミの種類によっては先天性のものもあります。そういう場合は保険が適用され、費用も抑えられるので該当する場合は相談をしておくことも大切です。

顔を触るウーマン

安心できるケアであるか

アフターケアが不十分であればシミを綺麗に消すことは難しくなってしまいます。適切な治療やケアをしてくれる美容外科が見つかるよう、それぞれの評判について詳しく知っておく必要があります。

カウンセリング

予算に合わせたシミ対策

シミの治療方法は様々ですが、それぞれ費用に差があります。予算に合わせてプランが組めるよう、美容外科ごとの相場を把握し比較を重ねていくことが重要になってくるといえます。