婦人

適切なシミの治療で肌のトーンをアップさせる|気になるくすみと決別

安心できるケアであるか

顔を触るウーマン

シミ治療のアフターケアを誤ってしまえば、色素沈着が起こったり、炎症による肌トラブルを招いてしまったりするリスクがあります。これらを回避するためにも適切なアフターケアについて把握をしておく必要があるでしょう。特にレーザー治療を受けたあとは数日後にかさぶたができます。しかし、かさぶたを無理に剥がしてしまうと肌の組織を傷つけてしまい、跡が残ってしまうでしょう。そのため、自然に剥がれていくのを待つことが肝心になります。美容外科では主に施術を行なったシミの部分にガーゼや絆創膏を覆っていきます。肌の修復がスムーズになるように行なうケアであるため、しっかり取り組んでおく必要があるでしょう。また、肌がやわらかくデリケートな状態であるため、ガーゼや絆創膏を剥がすときは慎重に進めておく必要があります。

肌に無理な負担をかけないことがアフターケアにおいて重要なポイントになりますが、かさぶたを無理に剥がさないという点の他、シミの原因である紫外線に患部をさらさないことも大切です。シミ治療を受けた後の肌はバリア機能が低下しており、通常より紫外線を取り込みやすくなっています。それらが影響して以前よりシミが濃くなってしまうという結果に陥ってしまうかもしれません。そうならないためにも、日傘を差したり、ガーゼによる保護を万全にしたりなどの対策が重要になってきます。特に施術を受けてから3ヶ月位は警戒が必要でしょう。かさぶたが剥がれ、新しい皮膚の生成が見られたら日焼け止めを用いたケアも導入することで、より紫外線によるシミの再発予防の効果が期待できます。

紫外線による影響を受けやすいシミですが、アフターケアを楽にするためにも、紫外線が強い夏季を避けることも大切であるといえます。なお、冬季であると肌の乾燥が気になりだすでしょう。肌の代謝が落ちやすくなってしまうため、保湿ケアは入念に進めておくことが肝心になります。美容外科ではシミ治療に役立つ外用薬やスキンケア品を処方してくれるところもあります。肌質を考え選んでくれるので、市販の薬や化粧品よりも優れた効果が期待できるでしょう。なお、用法用量を誤ってしまうと却って肌に負担を掛けてしまいます。適切なシミ治療を進められるよう、事前に医師から指導を受けることが重要なポイントになります。それにより、理想の肌に近づくことが叶うでしょう。また、定期的に美容外科に訪れてシミ改善の経過を診てもらい、状態に応じたケアをしてもらうことも大切といえます。その他にもメールでの相談に対応しているところもあり、医院に通う時間があまり取れない人でも疑問を解消するきっかけが得られます。