婦人

適切なシミの治療で肌のトーンをアップさせる|気になるくすみと決別

種類に合わせた対策

鏡を見る女性

シミは肌のトーンが不安定になってしまう原因であるため、見つけたら早めに対策を進めておきたいところです。なお、治療についてはシミのタイプによって変わってくるため、特徴を踏まえ選んでおく必要があります。シミは大きく分けて老人性色素斑、肝斑、そばかす、遅発性両側性太田母斑様色素斑が挙げられ、色味も広がりかたも異なります。これらは主に肌の代謝を促進させる治療で解消ができます。レーザーであれば、顔全体への照射が可能であり、まんべんなくシミのケアが行なえます。定期的に施術を進めるようにすれば、より高い効果が期待できるでしょう。美容外科によって得意としている施術方法に違いがあるため、まずは口コミ情報を参考にしておくことが肝心になります。シミが改善されるまでの流れが分かるため、改善が期待できる美容外科はどこなのか見極められるでしょう。

レーザー治療では肌組織の奥までケアが可能であるため、濃いシミでもしっかりとした改善が期待できます。なお、レーザー治療に用いられる機器には様々な種類がありますが、そのうちのひとつであるQスイッチルビーレーザーなら血管を傷つけるリスクもないので、腫れることなくアフターケアの手間やリスクを抑えられます。加齢によるシミはもちろん、生まれつきの青いアザも改善ができるといわれています。なお、肝斑には効果は見られないため、加齢によって現れたシミに関しては、Qスイッチルビーレーザーを受ける前に医師からのチェックが肝心になってくるでしょう。また、Qスイッチルビーレーザーについては数日後にかさぶたが現れることがあります。これらのケアは特に注意しておきたいところであり、無理に剥がそうとすると跡が残ってしまう恐れがあります。いつでも気軽に医師へ相談ができる環境であれば、適切な指示が受けられるでしょう。

レーザー治療以外にも、肌の代謝を促進させることに着目し、美容成分を肌組織に取り込むという方法もあります。シミによく効く成分といったらトラネキサム酸があり、抗炎症、抗アレルギー作用を持っています。シミは紫外線が影響して生成されたメラニン色素でつくられています。トラネキサム酸にはメラニン色素の生成を抑える効果があるため、シミを薄くすることが叶うでしょう。肝斑はレーザー治療が有効的ではありませんが、トラネキサム酸なら効果が期待できます。これらが配合された薬を処方してくれる美容外科もあり、レーザーによるダウンタイムをなるべく避けて治療を進めたいという人から評判が寄せられています。自分にあったケア方法を見つけておくことで、より高い効果が期待できるでしょう。