婦人

適切なシミの治療で肌のトーンをアップさせる|気になるくすみと決別

予算に合わせたシミ対策

カウンセリング

シミの治療には様々な種類がありますが、機器の種類や照射する回数によってトータルのコストに変動があります。また、シミの大きさによって治療方法も変わるため、状態に応じたケアのプランを組んでおきたいところでしょう。治療方法は主にQスイッチルビーレーザーやレーザートーニング、フォトフェイシャル、フォトシルクプラス、炭酸ガスレーザーが挙げられます。1回あたり数千円で受けられるものもあれば、30万円以上かかる治療もあります。予算にあった治療プランを組むためにも、事前に美容外科との相談が重要になります。シミの種類によっては保険が適用される場合もあるので、その点も一緒に確認をしておいたほうが良いでしょう。

費用をできるだけ抑えたいという場合は、外用薬を用いたケアを取り入れるという方法もあります。特にハイドロキノンやトレチノインがシミに効くといわれており、市販のスキンケア用品では効果が見られないという場合に注目しておきたい製品です。なお、用法用量を守らなければ思わぬ肌トラブルを引き起こす恐れがあります。安全にシミの治療ができるように医師からの説明をしっかり聞いておくことが重要になってきます。また、ハイドロキノンやトレチノインは酸化が進みやすいといわれているので、肌へ余計な負担をかけず、効果的な治療ができるように使い切れる量を目安に処方を受け、早めに使用することが大切です。これらは肌のターンオーバーを促進させる効果を持っているため、シミを構成しているメラニン色素の排出を促し、徐々に肌のトーンを明るくしていくことができるでしょう。

外用薬と同じように治療費を抑えられるということで、内服薬を用いた治療も注目されています。有効的な成分といったらシナールやトランサミンが挙げられ、肌の代謝を促進させていきます。内服薬の種類によっては通販で購入できる場合もありますが、流通が正規でなければ安全性は劣ってしまいます。身体の中に取り込むものであるため、安全面を考え美容外科での処方を考えておくことが肝心になるでしょう。なお、取り扱いの有無や種類に関しては美容外科によって異なるということで、ホームページなどで詳細を確認したり、カウンセリングで質問をしたりしておく必要があります。それに加え、シミは継続的なケアが重要になるため、信頼できる医院を見つけておくことも大切なポイントといえるでしょう。また、美容外科に限らず皮膚科でも対応しているので、シミが深刻である場合はそのような医院への通院も検討しておくことが大切です。